【当サイト内の画像・文章の転載、二次使用は、一切お断りいたします。】




神社大好き、お参りマニアの私が最近始めたのが、「御朱印」を頂く事です。

以前、私は神社にお参りすると、各神社の御利益に合ったお守りを購入していました。

例えば、学問の神様なら学業成就(かなり昔の話ですが。。。)、縁結びの神様なら良縁祈願、健康の神様なら無病息災等々。。。

ただ、一つ残念だったのは、お守りは一年等、有る程度護って頂いた後は、どんと祭(ワタクシの地元ではどんと祭というのですが、地方によって呼び名が違うようですね。1月15日辺りに行われるお焚きあげです)に出すのが良しとの事なので、最終的には手元に残らず・・・で少し残念に思っていました。

ですが、御朱印はずっと持っていられるモノ、記録にも残るという事で、神社にお参りをした時に、御朱印を頂くようにしています。


御朱印とは

川越氷川神社の御朱印  

上の写真が御朱印で、ワタクシの住む街、川越総鎮守「川越氷川神社」の御朱印になります。

何より嬉しいのは、御朱印をお願いすると、神職の方が参拝者の為に参拝日を含め、一文字づつ丁寧に書いて下さる事で、この御朱印は文字通り世界に一つ、自分だけの御朱印となります。

因みに初穂料(お代)は大体300円の所が多いようです。(500円の所も有るようです。)

また、「初穂料はお気持で結構です」と言われる事も有るようですが、この場合も300円をお渡しするのが相場なようです。

そもそも御朱印は、元々お寺の文化で、参拝者が御経を写経したモノをお寺におさめた際に頂く「印」でした。

それがだんだん写経したモノを納めなくても、御参りの証として頂けるようになり、それが神社にも広がって行ったという歴史が有ります。

現在では、誰でも御朱印を頂けますが、注意が必要というか、気持の問題なのですが、御朱印を頂くというのは、スタンプを集める行為とは全く違う物であるという事です。

御朱印には神社の名前が書かれており、神職の方は一つ一つ丁寧に参拝者の為に手書きして下さいます。

私が某神社で御朱印と一緒にいただいたしおりには、「御朱印は、神様の御心がこもったものです」と書いてありました。

スタンプラリー感覚で集めるのは・・・間違いであると思いましょう。

因みに御朱印をいただくと、一緒に神社の由来等が書いてあるしおり、案内を頂ける事が多いようです。

川越氷川神社のしおり

写真は、川越氷川神社で御朱印を頂いた時に、一緒に頂いたしおりになります。

中には川越氷川神社の御由緒に始まり、社殿、摂社、末社の解説、御祭や年中行事、その他神社の社宝の事などが書いてあり、より一層その神社の事を知る事が出来るようになります。

御朱印を頂く際の注意

さて、そんな誰でも頂ける御朱印ですが、頂く時には作法、マナーが有ります。

まず、マナーや作法というより、大前提、当然の事なのですが、きちんと御参りをしましょう!!

最近、スタンプラリーの如く、御朱印集めを目的となさっている方もいると聞きますが、それはもはや本末転倒、御参りする事こそが目的という事は決して忘れないようにしましょう。

この大前提を踏まえたうえで、御朱印を頂く際のマナー、作法としてはまず、初穂料を納める際、なるべくお釣りが無くて済むよう、小銭を用意して、御朱印をお願いに行きましょう。

御朱印代・初穂料を入れる御祝儀袋

私は、上の写真の様な、小さな御祝儀袋に御朱印代を入れて、お渡ししています。(ただ、私の様にやっているのは、少数派かもしれません。)

因みに御朱印を頂くのは、御守り等を売っている所や社務所でが多いです。

そして御朱印を書いて頂いている時は、話しかけるのは御法度です。

神職の方は、参拝者の為に書いて下さっています。

神職の方が気が散るような事は慎みましょう!

そして、個人的にはこれが一番大切だと思うのですが、御朱印を頂いたら「ありがとうございます」と御礼を言いましょう!

この、神社に奉職なさっている神職の方への感謝の気持ちが有れば、マナーに関して私が言う事は無いと思いますし、気持よく、自分だけの御朱印を頂けると思いますよ。

次の記事では、御朱印をいただく御朱印帳に関して綴ってみようと思います。

関連記事⇒はじめての御朱印帳


御朱印の紹介

当サイトに掲載している御朱印です。

川越熊野神社

川越八幡宮

櫻木神社(通称・桜木天神)

深川神明宮

神田明神(神田神社)

湯島天神(湯島天満宮)

五條天神社

花園稲荷神社

牛天神北野神社

池袋御嶽神社

狭山八幡神社

三芳野神社

稲荷鬼王神社

竹駒神社

金蛇水神社

志波彦神社・鹽竈神社

大崎八幡宮

愛宕神社(仙台市)

諏訪神社(仙台市)

仙台市・中田神社

名取市・熊野神社

多賀神社

新宿・花園神社

赤城神社(牛込)

金王八幡宮

豊栄稲荷神社

宮益御嶽神社

熊野神社(自由が丘)

一陽来復「穴八幡宮」

成子天神社

生田神社

湊川神社

長田神社

一宮神社 

二宮神社

三宮神社

四宮神社

五宮神社

八宮神社・六宮神社

七宮神社

高円寺・氷川神社と気象神社

天沼八幡神社

旅立稲荷神社(旅立神社)

富岡八幡宮(深川八幡)


こちらの記事もおすすめです。

To be continued