【当サイト内の画像・文章の転載、二次使用は、一切お断りいたします。】




先日、ちょっと興味深い記事を目にしましたので、シェアしようと思います。

ワタクシが気になった記事というのは・・・ずばり「遅刻の言い訳」

日常生活の中でも、友人の待ち合わせ等、そして、社会人としては仕事の遅刻、あるいはアルバイト、パートの遅刻、いずれも有ってはならない事ですよね。

ですが・・・予期せぬ出来事等で遅刻してしまう事は、十分起こりうる事でしょう。

因みに、時間にウルサイと良く周りに言われるワタクシ、時間には人一倍余裕を持って行動しているので、滅多に遅刻する事はありません。

ですので、遅刻に関しては、言い訳をひたすら聞く事が多いのですが・・・以前、ワタクシが教員をしていた時、絶対に遅刻をしてはいけない大事な行事の日に生徒が遅刻してきたのですが、その時、その生徒の遅刻の言い訳が「メガネが曇って前が見えませんでした」という、なんというか・・・もう、ワタクシこの言い訳を聞いた時に、全身の力が抜けたというか、この生徒が不憫で不憫で・・・全てを不問にしました。。。

閑話休題、そんな遅刻の言い訳に関して、記事がランキング形式で綴られていたのですが・・・

第1位/「体調不良で」
第2位/「電車やバスが遅れて」
第3位/「生理痛がひどくて」
第4位/「忘れ物をして」
第5位/「家族が体調不良で」

以上が、「実際に使った事のある遅刻の言い訳」としてランキングされていました。

体調が悪い場合は・・・仕方が無いですよね・・・と思う、理由が有る遅刻には比較的寛大なワタクシ。

たまに、「言い訳する人って嫌い!」と仰る方もいますが、私自身は体調不良等、理由が有るのであれば、仕方が無いと思う方です。

とはいえ、最近のネットの普及の為か、「体調悪くて・・・」を理由に遅刻したのですが、Facebookにしっかり遊んでいた事が書かれていて、それでウソがバレてしまったなんて話しも聞きました。。。

個人的には遅刻してしまったら、まずきちんと詫びて、その上で遅れた理由を誠意を持って話して欲しいな、と思います。

因みに4位にランクインしている忘れ物ですが・・・おっちょこちょいなワタクシ、よく忘れ物をするのですが、最寄駅の川越駅で忘れものに気付いた場合、家に戻って忘れ物を取って、再び目的地に向かっても、大抵約束の時間にギリギリ間に合います。。。

それ位、かなり時間には余裕を持って行動しています。

その変わり・・・自分の欠点とも自覚しているのですが、時間にルーズ、特に、人を待たせて平気な人は・・・苦手ですね。。。

この点は寛大になれない、時間にウルサイワタクシでした。

でも・・・社会人としては、やはり時間に遅れるのはまずいですよね。。。


こちらの記事もおすすめです。

To be continued