【当サイト内の画像・文章の転載、二次使用は、一切お断りいたします。】




先日、電車の中で、隣の人が話しているのが聞こえてきたのですが・・・とうもその方、来週、のっぴきならない用事(恋人の誕生日なので旅行に行くという、平たく言うとデート)で、会社を欠勤したいらしいんです。

それを、おそらく別の会社に勤めている友人に相談していたのですが・・・。

まぁ、時に出勤したくない時は・・・ありますはなぁ。。。(ワタクシは、デートで欠勤はもっての他だと思っています。。。)

ワタクシも、どうしても行きたくなくない日というのはありました。。。

「今日出勤しなくていいのなら、いっその事、熱が39度位出てもイイ!!」と思った事さえあります。

そして・・・ワタクシがこの欠勤の言い訳というテーマになると思い出すのが・・・我が敬愛する先輩であり、同僚のT氏の事です。。。

結構前のことなのですが・・・Tさんの奥様の身内で不幸があったことがありました。

Tさんは、週末を利用し、奥さんを車に乗せ、奥さんの実家(関西)に行き、週末を義理のお付き合いに費やし、疲労困憊いたしました。

そして、月曜日に出勤するために、奥さんを地元に残し、日曜日の夕方に東京に戻ってきたのですが、自宅に戻って一人になったTさんは、気が緩んだんでしょうねぇ・・・。

ものすご~く気分よく、美味しいお酒を飲みまして・・・大トラになっちゃいました。。。

そして、後輩や同年代の同僚たちに、電話をかけまくりました。

「いえ~い!!」と。

ワタクシの所にも電話があり、今飲んでいる、なんでも好きなものおごってやるから、今すぐ来い!と出頭命令が来たのですが・・・もう電話の調子から、これは関わらない方がいいな・・・という感じだったので、丁重に拝辞しまして・・・因みに、お誘いを受けた人、全員が身の危険を感じ、この日のお誘いを遠慮したそうです。

で、次の日!!

朝一番でその日は会議があったのですが、時間になってもTさんはやって来ません。。。

偉いさんたちは、Tはどうした?と不思議そうにしつつ、会議が終わっても出勤しないTさんに、「おい、Tに何かあったんじゃないか?」と心配までし始めまして・・・因みに、前夜の「いぇ~い!!」というお誘いを受けたワタクシたちは、Tさんが遅れれば遅れる程、ニヤニヤしているという、でも、仲間意識があったので、前夜のお誘いの話等の告げ口はしないで「大丈夫ですかね?何かあったんですかね?」と口だけは心配している素振りをするという、大人の対応をしていました。

そして、お昼ぐらいにTさんから電話がありまして・・・お偉いさんからの発表「Tが食中毒らしい!!」

!!!!!!!!!

昨日のお誘いを受けた仲間は皆、顔を見合わせました。。。

「え?食中毒??じゃ、何?昨日、私たちもTさんの家に行ってたら、もしかして私らまで食中毒になる所だったの??」

結局、Tさんは、食中毒で家を出ることもままならない、という事で、奥さんが東京に戻ってくるまでの3日間、きっちり欠勤しました・・・。

この件に関しては、後輩の身分では詳しく聞くのもアレなので、彼が出勤した際には、「大変でしたね」と労いました。。。

それから数年後、別の飲み会で、Tさんの親友と雑談をしている時に、この時の話になり、真相を聞きました。。。

あの日のTさん、明け方までいい気分で飲んでいて、目が覚めたら時計は12時を指していたそうなんです。

最初は時計が狂っているのかと思い、テレビをつけたところ、「いいっとも~いいっとも~♪」と笑っていいとものテーマが流れていて、やってしまった・・・と思ってしまったそうな。。。

そこで、じっくりと、でも短時間で作戦を立て、「どうも食中毒のようで、トイレを出る事ができず、連絡もできなかった・・・妻も不在でとにかく移動もままならない、今日の出勤は無理、休ませてくれ」と、食中毒をでっち上げて休んだそうです。

ワタクシ、この真相を聞いても、やっぱりな・・・としか思いませんでした。。。

やはり・・・ウソはバレますね。。。

因みに私ら仲間内は現在、Tさんの親友から聞いて、この時の真相を知っていますが、Tさんが私たちが真相を知っているかどうかは・・・謎です。。。

この件に関しては、飲み会とかでも誰も絶対にほじくり返しませんね。。。

もしかすると皆、叩けば埃の出る身なのか・・・次は我が身と思っているのか・・・ワタクシを含め、どちらかでしょうね。


こちらの記事もおすすめです。

To be continued