【当サイト内の画像・文章の転載、二次使用は、一切お断りいたします。】




陸奥の国の一の宮、宮城県は塩釜市に鎮座する志波彦神社・塩釜神社を参拝してきました。

因みに塩釜神社(鹽竈神社)は、全国にある鹽竈(鹽竃・塩竈・塩竃・塩釜・塩釡)神社の総本社である。

塩釜神社

塩釜神社の御由緒

塩釜神社の御由緒ですが、武甕槌命・経津主神が東北を平定した際に両神を先導した塩土老翁神がこの地に留まり、現地の人々に製塩を教えたことに始まると伝えられています。

ただ、具体的な創建時期は不明となっています。

また、明治時代になると、式内社の志波彦神社が境内に遷座し、昭和7年に社殿が造営されることとなり、現在の形となりました。

因みに、志波彦神社も具体的な創建時期は不明となっております。

現在の正式名称は、「志波彦神社鹽竈神社」となっています。

塩釜神社の鳥居

写真は塩釜神社の鳥居。

鎮守の森に溶け込んだ感のある鳥居ですね。

塩釜神社の隋神門

そして、塩釜神社の三間楼門で、銅板葺き、朱塗りの隋神門。

塩釜神社の唐門

塩釜神社の唐門。

「唐門」とは通常、唐破風をもつ門を指しますが、塩釜神社の唐門は切妻造の四脚門で、唐破風を持ちません。

重要文化財指定名称は単に「門」となっています。

そして、門と左右に接続する廻廊ともに銅板葺き、朱塗りとなっています。

塩釜神社の右宮左宮

塩釜神社の三間社流造の右宮左宮(右宮本殿と左宮本殿)。

右宮本殿には経津主神(ふつぬしのかみ)[別名]斎主神(いわいぬしのかみ)[別名]伊波比主神(いわいぬしのかみ)、左宮本殿には武甕槌神(たけみかづちのかみ)が鎮座なさっています。

塩釜神社の別宮

そして、現在改修中の塩釜神社の別宮。

こちらには塩土老翁神(しおつちのおじ)[別称]塩筒大神(しおづつのおおかみ)[別称]塩椎神(しおつちのかみ)が鎮座なさっています。

志波彦神社

志波彦神社の鳥居

写真は志波彦神社の鳥居。

志波彦神社の隋神門

志波彦神社の隋神門。

志波彦神社の御社殿

そして、志波彦神社の御社殿。

御祭神は勿論、志波彦大神ですが、志波彦大神は、古事記にも日本書紀にも出てこない、マイナーな神様でいらっしゃいます。

ここ以外に志波彦大神を祀ってる神社、あるのかしら?

神職養成所

志波彦神社・塩釜神社には、神主を目指す人の専門学校、神職養成所が有ります。

昭和5年 実務実習生の教育の場として設立され、昭和18年4月に神職養成所として発足した志波彦神社鹽竈神社神職養成所は、神職としての自覚と徳性の涵養に努め、心身の鍛練と人間形成に主眼を置かれています。

ワタクシには到底入学できなさそうですね。。。

神職養成所では、学科目授業の他、神務実習を中心に、雅楽・詩吟・書道・神社運営等の習熟に努めます。

神社での実践実習を主体としており、卒業後は斯界の即戦力として活躍できます。

又、年間を通じて畑作業も行い、神に恵みを感謝する心を育み、神職となるべき自覚を養うそうです。

因みに、神社の社務所に寄宿し、月謝は不要。

神主になるには、国学院大学か皇學館大学に入るのが一般的かもしれませんが、志波彦神社鹽竈神社神職養成所もあります。

神主になりたい方、神社に就職、奉職したい方は、神職養成所もお調べ下さい。

志波彦神社・鹽竈神社の御朱印はこちら⇒志波彦神社・鹽竈神社の御朱印


こちらの記事もおすすめです。

To be continued